熟女 2000〜2009 トップ60

PR AV女優 ランキング 人妻・熟女

熟女 2000〜2009 トップ60

2023年9月8日

熟女ブーム初期の2000〜2009年に焦点を当て最も評価が高く最も人気がある商品トップ60を選出しました。

熟女 はいつから始まったか

熟女 2000〜2009 トップ60

アダルトビデオにおいて「熟女」というジャンルは今でこそ定着していますが、それではいつごろから熟女という言葉が流行り出したのでしょうか。

そもそも熟女という言葉が流行する前から30〜50代の女性が出演していた時代は1970年代の日活ロマンポルノや海外のポルノ映画でもありましが、当時は熟女という言葉ではなく「人妻」として定義されていました。

それは日活ロマンポルノの「団地妻」シリーズや「大奥」シリーズで見てもわかる通りです。また海外では日本も含めて「エマニエル夫人」が空前の大ヒットとなりました。

しかし、その一方で若くて可愛い女の子を起用する作品が多く年々若齢化する傾向にありました。

ではいつごろから「熟女」が世の中に出回ったのでしょうか。世間一般的に知られているのは溜池ゴロー監督が川奈まり子を起用した「義母 まり子 34歳」が火付け役となったと言われています。

1999年9月 SODから発売されたこのAVは大ヒットとなり、これがきっかけで「熟女」がブームとなり、後にジャンルが定着した言われています。

また、この流れに乗って2003年に「マドンナ」が、2006年に「溜池ゴロー」が熟女専門メーカーとして誕生しています。

現在では小さなメーカーも含めれば熟女専門メーカーは30社ほどあると言われています。

熟女女優は2000年に入ると友田真希や翔田千里らがデビュー。彼女たちは一時期引退していたものの復活して現在でも活躍しています。

熟女 2000〜2009 トップ60

熟女 2000〜2009 トップ60

今回、ピックアップするのは熟女ブーム初期の2000年〜2009年に焦点を当て、評価が高く人気がある商品をランキング化しました。

現在入手可能な商品は、10年間で約9千本の商品が登録されています。

※販売終了となった商品もあるため、実際のリリース本数ではありません

友田真希の脇毛など懐かしい商品もあります。みなさんも懐かしいものや改めて見たくなった商品もあるはず。ぜひご視聴ください。

広告

動画登録数 8,792 件


WEB SERVICE BY FANZA

  • この記事を書いた人

Filippo Tiepolo

-AV女優, ランキング, 人妻・熟女